金. 12月 13th, 2019

周りに聞けない悩み

カウンセラーを以前までしておりました。実際カウンセリングに来ていただける人は限られているのでサイトを立ち上げて実際に患者さんからきた悩みをこのサイトで紹介しています。

仕事もプライベートも私らしく輝く!働く女性の仕事&生活のお悩みランキング

1 min read
働く女性

2019年9月の総務省の調査では、女性の就業率は71.6%と過去最高の水準で推移しているそうです。仕事に、プライベートに、
「女性が輝ける機会が増えてきている」ともいえそうですが、これとは別に
厚生労働省が行っている調査では、
働く女性が悩みを抱えている割合は56%と、仕事をしていない女性の50%、仕事をしている男性の45%のどちらと比べても
高い割合となっています。


国が主導しての働き方改革が進められていて、このまま仕事の環境や条件がよくなっていけばこの割合はいつか下がっていくと期待されます。

2019年の6月には、従来からのセクハラやマタハラに加えパワハラについても、雇用主の対策が法律で義務付けられることにもなりました。
働く女性の悩みの原因の一つである職場環境や上司・同僚との関係のいくらかは、これらの動きによっても少しずつ減っていきそうです。

 

とはいえ、かつてのCMのキャッチコピーにあったように「悩みがあってこその人生」でもあり、生きている以上悩みはなかなか尽きないものです。
2019年も残りわずかとなったこの時期に、働く女性のお悩みについて仕事&生活でのランキングをチェックして、また同時に仕事をしていない女性の
悩みについても理解して、2020年に今よりもっと輝く自分を作るための参考にしてみませんか?

 

そんな気持ちから、今回は、働く女性のお悩みについて、特に仕事の上でのお悩みのランキングと、生活の中でのお悩みのランキングを
比べて、働く女性がより心健やかに働けるヒントを探ってました。

 

1.働く女性の”仕事の”お悩みランキング

 

まずはさっそく、働く女性の”仕事の上での”お悩みランキングから見ていきましょう。

・トップはお金?!働く女性の仕事でのお悩みランキング

女性のお悩みランキングは星の数ほどありそうですが、今回、”仕事の”お悩みランキングについては、毎年働く女性について継続的に調査を
行ってくれているエン・ジャパンさんの「『 エンウィメンズワーク 』ユーザーアンケート」のなかから、2018年12月5日にリリースされた
アンケート調査の結果
「97%の女性が「仕事の悩みがある」と回答。 悩みトップ3は「給与」「上司・同僚との人間関係」「雇用の不安定」」
参考にさせていただきました。

 

リリースタイトルにもあるように、全体での結果は

1位 給料が低い26%

2位 上司との人間関係11%

3位 同僚との人間関係11%

4位 雇用が安定しない8%

5位 評価されない

となっています。

 

2位と3位は「人間関係」という面でくくってしまえば同じ悩みと見ることもできて、リリースのタイトルもそのように扱っていますね。

そしてそれ以降に、「今後のキャリアプラン」「仕事のやりがい」「残業が多い」「業務量が多い」「成長している実感がない」
「任されている仕事の責任が重い」「目標やミッションを達成できない」「結婚・出産後も働き続けられか」
「専門的なスキルや資格がない」といった項目が続いています。

 

アンケートの性質にもよると思いますが、この調査では、回答した264人の女性のうちの97%が、このような悩みがあると
答えているんですね。

 

・働く女性のお悩み解消法

それでは、この悩みを抱える働く女性たちは、いったいどのようにこの悩みに対処しているのでしょうか。

この調査では悩みの「解消法」についてもアンケートされていて、その結果は、

1位 相談をする

2位 解決方法がない

3位 自分と向き合う

4位 悩むことをやめる

5位 悩みの原因に直接アプローチする

だそうです。

 

2位には「解決する方法がない」なんていうのも入ってきていますが、もし今、あなた自身が仕事のことで悩んでいるのでしたら、
こちらの解消法のランキングについても、参考にしてくださいね。

こちらも、以降「時間に解決してもらう」「解決方法をwebで検索する」「本を読む」「セミナーに参加する」といった方法が
続いています。

 

2.   仕事以外はどうなの?働く女性の”生活”お悩みランキング

 

働く女性の、仕事での悩みのランキングはわかったけれど、働く女性の「仕事以外での悩み」ってどうなっているのでしょう。

恋の悩み、美容の悩み、健康の悩み、それぞれのお悩みランキングはいろいろあるけれど、仕事も自分も輝きたい働く女性の
仕事以外でのお悩みってどうなっているのかも知りたくありませんか?

 

実は、意外なところにそんなことを調べた調査がありました!今回はこの調査をもとに、働く女性(と仕事をしていない女性についても)
ランキングを作ってみたのでご紹介します。

 

・やっぱり仕事のお悩みが1位?生活のお悩みランキングは?

今回は、働く女性の生活全般でのお悩みランキングを見るために、平成28年度に発表された、厚生労働省が実施した
「国民生活基礎調査」を見てみました。

なんと仕事をしている女性2万6千人以上に、お悩みについて聞いているのです!

そしてその結果は?!

1位 自分の仕事

2位 収入・家計・借金等

3位 家族以外との人間関係

なんと、やっぱり仕事のお悩みが1位!仕事をしている女性は、やはり仕事の悩みが最大の悩みなんですね。しかも2位がお金の悩み、
3位の人間関係の悩みまで、仕事の悩みがそのまま生活全体の悩みとなりました。

 

・国民生活基礎調査ってなに?

厚生労働省が行っている「国民生活基礎調査」は昭和28年(!)から続く調査です。とても難しい大規模な調査だそうですが、
今回参考にしたのは「健康票」と呼ばれる部分で、27万世帯68万人を対象に行ったものだそうです。

その中で、この記事には仕事のある女性26,381人、仕事をしていない女性26,594人の合わせて54,028人の女性の回答を集計したものを
参考にさせていただきました。

 

恋や美容の悩みの詳細は掘り下げてありませんが、今回ここで紹介する仕事の有無以外にも、年代別や都道府県別での集計も
用意されているので、もっといろいろな切り口で女性の悩みを見てみたくなった方は
厚労省「国民生活基礎調査」のホームページも
見てみてくださいね。

 

・ 仕事以外のお悩みは?

仕事をしている女性の悩みのトップ3はそのまま「仕事の悩み」のトップ3と同じという結果になり、いささか拍子抜けした感も
ありましたが、それでは4位以下はどうなっているのでしょう。

4位は「家族との人間関係」、5位「家族の病気や介護」、6位「子供の教育」と続いていきます。仕事の悩みの次が、家族の悩み、
となっているんですね、そのあとに「自分の病気や介護」「自由にできる時間がない」といった、自分自身のことになっています。

 

グラフ:仕事の有無でこんなに違うお悩みランキング

働く女性2

出所:厚労省「国民生活基礎調査」(平成28年度調査)の「健康表」より記者作成

 

・仕事をしていないとどうなの?

上のグラフにも含めておきましたが、同じ調査から仕事をしていない女性だけのお悩みランキングに作り変えてみました。

結果は下のグラフのようになります。お金の悩みは共通していますが、自分や家族の健康・介護、家族との関係への悩みが
大きくなっています。

また、仕事している「働く女性」では11位と低かった「生きがいに関すること」のお悩みが。6位に入っている点、
逆に「自由にできる時間がない」が圏外になるなども、なんとなくわかりますよね。

 

グラフ:仕事をしていない女性のお悩みランキング

働く女性2

出所:厚労省「国民生活基礎調査」(平成28年度調査)の「健康表」より記者作成

 

3. まとめ

いかがでしたでしょうか。

働く女性の悩みの1位はお金(給料)のこと、2位仕事の人間関係、3位は雇用の安定でした。そしてそのあとに家族の事。
そして自分の事が続きます。

 

働く女性には元気に働けている方が多いからでしょうか、病気や健康についての悩みはやっぱり少なくて、職場での悩みが
生活の中でも大きくなりますね。

2019年、過去最高の就業率を更新した働く女性。働き方改革の流れも、ますます仕事と自分、仕事と家事の両立を
助けてくれるはずですが、仕事をしている自分に真剣に取り組めば取り組むほど、悩みは尽きないものかもしれません。

 

 

今回は働く女性の、仕事での悩みランキングと、生活全体でのお悩みランキングを取り上げて比べてみました。
ほかの働く女性たちも同じように悩んでいることを知って、是非参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © All rights reserved. | Newsphere by AF themes.